HOME > おすすめ修理ショップ > 口コミで評判急上昇中のiPhone修理店「iCracked(アイクラックト)」について調べた

口コミで評判急上昇中のiPhone修理店「iCracked(アイクラックト)」について調べた

2017年12月14日作成
2020年05月11日更新

口コミで評判急上昇中のiPhone修理店「iCracked(アイクラックト)」について調べた

iCracked(アイクラックト)とは?

iCracked(アイクラックト)は、2010年創業にアメリカのカリフォルニア州で創業したシリコンバレー発のiPhone修理サービスで、アメリカではとても有名で評判の良い修理サービスです。

アメリカでは修理をしたい人のもとに、近くにいるiCrackedに登録されたiTech(アイテック)と呼ばれる修理人を派遣してiPhoneを修理するサービスが人気です。

日本では、お店を構えてiPhoneを修理するサービスとして、2015年12月に渋谷に1号店がOPENし、続々と店舗が増えていっています。
日本で個人のお宅に訪問してiPhone修理は、トラブルなど懸念があってお店という形態にしたのかもしれませんね。

2016年11月27日にTBSのテレビ番組「がっちりマンデー!!」の「世界のあちこちからニッポン上陸!儲かる「黒船カンパニー」」でiCrackedが紹介されていました。

iCrackedはどんなiPhone修理店?

アップルストアや正規サービスプロバイダ(ビックカメラやカメラのキタムラなど)以外のiPhone修理店は、お店が薄暗かったり、雑居ビルの一室に入っていたりすることが多く、お店に入るには勇気がいることがあります。
iCrackedは人通りの多い路面店やロフトやイオンモールなど多くの人が訪れる施設の中にお店があるため、誰でも入りやすいお店作りにこだわっているようです。

▼1号店の渋谷は、このように路面に面していて、わかりやすい大きな看板があります。

iCracked Store 渋谷店の外観

画像出典:https://www.icracked.jp

▼お店の中も明るい雰囲気と外からも見えるようになっています。

iCracked Store 渋谷店の店内雰囲気

画像出典:https://www.icracked.jp

iCracked X スマホ修理.netキャンペーン

iCracked Japan

画像出典:iCracked Japan

ご好評につき期間延長!

iCracked Storeで「スマホ修理.netを見た!」というだけで修理価格から1,000円割引き!
※1ユーザーにつき1,000円の割引き
(複合修理でも、1,000円引きです)
※対象はiPhone修理のみ
(Pixel修理、内部点検、iTechサポートは対象外)
※お見積り以降の申告は対応不可
(お見積り以降のご提示に関しましてはご対応いたしかねますのでご了承ください。)
※2020/6/30まで有効

こだわりの対面修理

多くのiPhone修理店では、お客様のiPhoneを預かって修理をしています。
その時、iPhoneの中の電話帳や写真、LINEなど個人情報が抜かれていないか心配になります。

iCrackedでは、お客様の目の前でiPhoneを修理する対面修理を行ってくれるため、データの抜出などの心配はありません。

iCracked Store 池袋ロフト店の修理カウンター

画像出典:https://www.icracked.jp

修理技術は大丈夫?

アメリカで蓄積された2010年からの修理技術をそのまま日本に持ってきているため、修理技術は高いです。
例えば、iPhoneは大きさの異なるネジなどの小さい部品がとても多いのですが、なくしたり、元の場所に戻せなくならないような工夫もされていて安心ができます。

また、お店でiPhoneを修理してくれるスタッフは、修理トレーニングを積んだ「iTech」と呼ばれるスタッフが修理してくれます。
独自のマニュアルや教育カリキュラム、ナレッジ蓄積方法があるため、全員がしっかりとした技術を持っているようです。

iCrackedの修理工具とパーツ置き

画像出典:https://sumaho-shuuri.net/iphone-repair

iPhone修理に使う部品の徹底した検品

修理に使うパーツは一個ずつ箱に入れられています。
他のiPhone修理店では棚や段ボール箱に修理パーツが乱雑に詰め込まれているお店もありますが、部品一つずつちゃんと保管されているのは安心です。
また、箱にはQRコードが付いているのですが、その箱に入っている部品の製造過程と動作チェックの検品の様子が見られます。
そこまでして徹底的に不良率を低くしているので、信頼がもてますね。

ただし、画面割れの修理料金は他のiPhone修理店と比べると少し高いです。
これだけ検品をしているのですから高くはなってしまいますが、安い修理店で直して少ししたら故障するよりは、多少高くなっても修理後に長く使える方がいいですね。
(最近、画面のパーツが1種類追加されて、安めの料金で修理もしてもらえるようです。)

iCrackedの修理部品

画像出典:https://sumaho-shuuri.net/iphone-repair

総務省の「登録修理業者制度」

日本では、Wi-FiやLTE通信などができる携帯電話を修理するには、総務大臣の許可が必要な「電波法」という法律があります。
iPhoneの修理では、以前から議論されていたのですが、総務大臣の許可がない事業者がiPhoneを修理することで、電波法で規定されている技術基準に適合するか不明確になっていました。
ガラス割れはガラスと液晶の交換だけだから大丈夫という主張があったり、修理のためにiPhoneを開けるので違反だなど。

そのような背景とiPhoneを修理するお店が増えてきたことが重なり、総務省で「登録修理業者制度」というものが作られました。
これは、iPhone修理店が電波法の技術基準に適合しているかどうかを総務大臣が認可する制度のため、登録修理業者制度に登録されているiPhone修理店は安心して修理が出せるという基準とも考えられます。

iCrackedは、全店舗が登録修理業者として登録されています。
登録修理業者は総務省のホームページから確認できます。

このようにiCracked(アイクラックト)は、iPhoneをしっかりと直すことを目的とされているため、評判もよくおすすめのiPhone修理店です。

どこでiPhoneを修理するか迷っている場合は、全国にお店がありますので一度お店に問い合わせてみてください。

iCracked Japan

画像出典:iCracked Japan

店舗一覧

北海道・東北

関東

北陸・甲信越

東海

近畿

中国・四国

九州