HOME > おすすめ修理ショップ > iPhoneの画面修理が安いのは怪しい!? 非正規修理店が安い理由を徹底解剖

iPhoneの画面修理が安いのは怪しい!? 非正規修理店が安い理由を徹底解剖

2017年11月22日作成
2020年06月17日更新

iPhoneの画面修理が安いのは怪しい!? 非正規修理店が安い理由を徹底解剖

一番多いスマートフォンの故障原因は「画面割れ」です。
iPhoneの画面が割れて修理するとなると、修理を頼めるところは主に3通りあります。
①au、ソフトバンク、ドコモなどの携帯電話事業者
②アップルストア、アップルの正規サービスプロバイダー
③街のiPhone修理店(第三者修理業者)

iPhoneの故障で一番多い画面割れですが、アップルストアやアップル正規店で修理をする場合、アップルケア+や携帯キャリアの保証に入っていないと高額になることがあります。
iPhoneの画面割れをできれば安く修理したい…。
そうして調べてたどり着くのは、アップルストアやアップル正規店ではない「非正規のiPhone修理店」です。

でも、非正規のiPhone修理店と聞くと「安いのが逆に怪しい」と感じることはありませんか?
今回はその「怪しいイメージ」をなくすため、非正規のiPhone修理店が安い理由を徹底調査しました!
なぜ非正規店で画面割れの修理をすると安いのか?
メリット・デメリットを織り交ぜながらお伝えします。

非正規店の修理は何故、安いのか?

それは、使用している液晶パネルの部品にありました。
(お店の家賃や人件費などを抑える企業努力がもちろんありますが、ここではベースの部分の「部品費」について説明します)

液晶パネルは大きく4種類に分けられます。
①純正品
②再生品
③組立品
④コピー品

①純正品(品質:★★★★★)

アップルの純正品
純正品は、アップルの純正のパーツのため、アップルストアか正規店の修理でしか使われません。
もちろん、明るさや色合い、タッチ操作の感度に違いはありません。

②再生品(品質:★★★★☆)

ガラスは非純正の新品、液晶は純正の中古品
再生品は、修理で交換した液晶パネルでガラスだけが割れていて液晶が無事なパーツを再利用します。
液晶からガラスを剥がして、純正品ではないガラスを貼ります。
液晶が純正品でガラス部分が純正品以外のガラス部品を使用したものです。
ほとんど純正品と同じ性能のパーツです。
ただし、液晶にガラスを貼り直しているため、ガラスが浮いてくるなどの事例もあったりします。
画面割れで交換された液晶パーツはこのようにして再利用されています。

③組立品(品質:★★☆☆☆)

純正品と非純正品を分解して再組み立て
組立品は、純正品のパーツが分解された後に使えるパーツを集めて、純正以外のパーツと合わせて組み立てたものです。
一部は純正のパーツが使われていますが、部品の接着が悪いなど粗悪なものが多いです。

④コピー品(品質:★☆☆☆☆)

全ての部品が非純正
コピー品は、全ての部品を純正品に真似て作ったものです。
多くが中国で作られており、液晶からガラス、センサーなど全て作られた工場によって品質がバラバラです。

安い価格で修理しているお店はこのコピー品の液晶パネルを使っているところが多いですが、明るさや色合いなどからしか見分けることができません。
また、検品がされていないことも多いため、修理して少ししたら使えなくなるなどのトラブルが発生しています。
そんな時のために修理店で3ヶ月保証などつけている修理店が多くなっています。

まとめ

非正規iPhone修理店が安い理由まとめ

修理料金は品質にある程度関係している

4種類の内、どの部品を使っているかによって、修理料金の大部分を占める「部品費」が変わってきます。
部品によって、安いというメリットがあれば、この様なデメリットもありますので、よく理解した上で修理店選びをしてみてください。

修理料金が2パターンある場合は部品の品質が違う

修理店によっては画面割れの修理料金を2つ用意している場合があります。それは再生品とコピー品の2種類という様に、部品の品質の差です。

純正同等品は再生品の可能性大。
本当に純正品の場合も「純正同等品」という記載がある場合も、再生品の可能性が高いです。
しかし一部では、純正品のパーツを作っている工場から、純正品と同じ品質のパーツをちゃんと仕入れている場合もあります。

総務省の「登録修理業者」から探すのも手

全ての非正規店が粗悪な訳ではなく、しっかりした修理を行っている修理店はたくさんあります。
ちゃんとした技術を持っている所か、簡単に見分ける基準のひとつとして、「総務省の登録修理業者」があります。
登録修理業者制度に登録されている修理店は「ここで携帯電話端末を修理しても、電波や修理の品質に異常が発生しない様な基準に適合していますよ」という、総務省からのお墨付きをもらっています。
登録には店舗ごとに申請が必要とされています。
あくまでも粗悪な修理店ではない、というのを簡単に見分けるための基準として、選ぶ時の参考にしてください。
登録修理業者は、下記からご自身でも調べられます。
総務省:登録事業者リスト検索

いかがでしたでしょうか。
安い理由は部品の品質にありましたが、安い部品を使っていても、企業努力によって修理店ごとに差別化が図られています。
部品の差に注意して、ぜひお財布に優しい「安くて品質の良いiPhone修理店」を見つけてみてください。

おすすめの関連記事